アセロラは肌にもスーパーな効果がある食材

アセロラ

 

アセロラとはさくらんぼのような形をした赤い果実で、その一粒の大きさは直径2?3cmと小ぶりです。

 

さくらんぼとは異なり、果実の表面は少しでこぼことしてします。しっかり熟すと深い紅色になり、りんごのような香りがします。ジャムなどに利用されますが、もちろん生のままでも食べることができ、果実特有の心地よい甘酸っぱさが特徴です。

 

ただ、熟してからは2?3日ですぐに傷みはじめてしまうので、収穫後はなるべく早く食す必要があります。冷凍保存も可能ですが、スーパーなどの店頭で生のアセロラを見ることは少ないかもしれません。

 

アセロラ食品として馴染み深いのは、アセロラドリンクに代表される加工食品です。

 

アセロラは様々な栄養素を豊富に含むため、健康面・美容面で注目され、現在ではスーパーフードとして位置付けられています。

 

では、このアセロラには、具体的にどのような体に良い効果があるのでしょうか。

 

アセロラの成分と肌への働きについて

アセロラの成分の特徴は、何と言ってもビタミンC含有量の多さです。

 

ビタミンCといえばレモンが思い浮かぶ方も多いでしょうが、実はアセロラはレモンの30倍以上のビタミンCが含まれています。

 

ビタミンCは肌の健康維持に深く関わっており、できてしまったシミの改善、ニキビの予防と改善、そしてコラーゲンとの関わりによって肌のキメを整えシワを改善する働きをしてくれます。

 

美容に欠かせない栄養素であるこのビタミンCを効果的に取り入れることができるのがアセロラなのです。

 

また、アセロラには、抗酸化作用があるポリフェノールが含まれています。

 

体の様々な部位の衰え、いわゆる老化現象と言われるものは、体内の「酸化」現象が原因であると言われています。抗酸化作用とは、酸化の原因となる活性酸素を除去する働き・作用です。

 

活性酸素はもともと体内に存在する体のために必要なものですが、増えすぎると逆に悪い影響を及ぼします。

 

抗酸化作用がある食品を摂取することで、体内にある必要以上の活性酸素を除去し、老化現象の促進を防ぐことができると言われています。

 

このポリフェノールがもつ抗酸化作用が及ぼす美容効果が注目され、アンチエイジング化粧品などに含まれる成分としてもよく見られるようになりました。

 

このように、アセロラは美肌づくりのために必要な成分がぎゅっとつまった果実として、美容業界で改めて注目されているのです。

 

肌以外のアセロラの優れた効果とは

アセロラに多く含まれるビタミンCは、美肌効果だけではありません。

 

ビタミンCには免疫力を高める働きもあり、疲れにくい体、風邪をひきにくい体づくりにも効果があります。

 

また、動脈硬化を防ぐパントテン酸や、高血圧を予防するカリウムなども含まれており、生活習慣病予防のためにも役立つ食品です。

 

カリウムは体内の余分な水分を排出する働きもありますので、顔や足などに起こりやすいむくみの予防と改善にも効果が期待できます。

 

アセロラのパワーを正しく摂るのに大切なことは

指をさす女性

 

多くの栄養素を含むアセロラですが、他のスーパーフード同様、一度に多く摂取するだけではまさに「その時だけ」で、健康面でも美容面でも期待する効果を得ることはできません。

 

例えばビタミンCは、体内に必要な量が補給されると、余分に摂取した分は体外に排出されてしまいます。

 

いくら栄養価が高く、それをしっかりと取り入れようと一度に大量摂取をしても無駄になってしまうので、適量を継続して摂取することが効果的な摂取方法です。

 

また、アセロラを使用した食品は、その酸味を抑えるため、糖分を多く含んでいるものがあります。

 

特にドリンクやキャンディなどは摂取しすぎると、それに含まれる糖分によって太ってしまった・・・ということが起こり得ますので注意が必要です。

 

サプリ活用も賢い方法

アセロラの加工食品によってアセロラを取り入れる場合は、その食品に含まれる他の成分にも目を向けて摂取量を調整しましょう。最近ではアセロラを利用したサプリメントも販売されています。

 

こちらは食品とは異なり、酸味を抑えるための糖分が配合されていないものがほとんどなので、毎日の摂取を考えている方には取り入れやすいタイプです。

 

ただし、サプリメントはあくまで補助食品であり、且つ、こちらも一度の大量摂取によって即効性や劇的な効果が期待できるものではありません。

 

用法用量を守り、健康的な食生活のサポート役として利用するようにしてください。

 

アセロラ以外の注目のスーパーフード

カカオ豆

 

栄養価が高い、有効成分を突出して豊富に含む、健康維持に効果がある食品「スーパーフード」は、アセロラ以外にもたくさんあります。

 

チアシード、キヌア、アサイーなどが有名ですが、もっと身近にあるスーパーフード「カカオ」に注目します。

 

チョコレートやココアの原料であるカカオは、他のスーパーフードと比べ、老若男女問わず身近な食品です。

 

カカオには、普段の食生活で不足しがちな鉄分、亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどの天然ミネラル成分がたっぷり含まれています。
また、カカオはダイエットにも効果的だと言われています。

 

チョコレートのカロリーを想像するとダイエットに不向きでは、と考えられがちですが、これはチョコレートに含まれるカカオバターや砂糖に由来しています。

 

カカオ自体はBMI値を下げる効果が確認されています。

 

チョコレートやココアによってカカオを摂取することで、ダイエット効果を得られるという結果もあり、さらに血中のコレステロール値を下げる働きもあるので、生活習慣病予防にも適していると言えます。

 

手に入りやすく、摂取しやすい食品として流通しているカカオは、日本人にとって気軽に取り入れられるスーパーフードの一つです。