インナードライはひじょうに厄介な状態

肌を気にする女の人

 

インナードライとは肌の表面はテカテカしているのに、内部は乾燥している状態を言います。

 

これは何らかの原因で肌の表面の下にある肌の水分を保湿してくれるセラミドが減り、素質状態が悪くなっていることが考えられます。

 

肌は乾燥してくると、自ら皮脂を出して肌を守ろうとします。しかし、間違ったスキンケアを行っていると、肌の表面を傷つけてしまうことになります。

 

そこで肌の水分などの浸透機能が上手く働かなくなってしまいます。

 

肌の表面は乾燥してガサガサ状態なのに、表面を皮脂で覆うとする働きが強まり、肌はベタベタするのに、内部は乾燥しているといった状態になってしまいます。

 

肌がインナードライになると、メイクをしてもノリが悪かったり、すぐにテカテカ肌になってしまいます。

 

また、肌がオイリー状態だと勘違いをして、肌の皮脂を取り除こうと、強いメイク落としなどでごしごしこすったりすると、肌の表面がさらに傷つき、逆効果になってしまいます。

インナードライはなぜ夏に起きるのか

常夏の島と海

 

太陽がギラギラ、うだるような高温で汗が吹き出す夏。

 

一見、肌の乾燥とは無縁の季節に思えますよね。

 

ですが、このインナードライは夏に起きやすいことで知られています。汗や皮脂でベトベトになりがちなサマーシーズンになぜインナードライが起きるのでしょうか。

 

その原因の柱に、夏ならではの環境と人体の生理現象があります。

 

犯人はエアコン?

おそらく働いている方の多くが、夏は冷房のきいた室内にいる時間が長いのではないでしょうか。この環境がインナードライの引き金となります。

 

エアコンから吹き出す風は空気を乾燥させますので、当然ながらお肌表面の水分も蒸発して乾燥肌の傾向が進みます。

 

すると人間の身体は乾燥を察知し、より多くの皮脂を分泌させて肌を潤わせようとします。これは発汗で皮脂が流れてしまった場合でも同じ反応が起こります。

 

その結果、皮膚の表面は皮脂が増えて潤っているように見えながら、実は肌の中の乾燥は収まらずむしろ進行した状態になります。

 

皮脂などの油は肌の中には浸透して行かないので、いくら分泌させても肌内部は保湿できません。

 

お肌に油分が多いので本人も乾燥に気づきにくいことも、夏のインナードライを加速させる原因になってしまうのです。

インナードライの改善にセラミドは欠かせません

これを改善するためには、保湿機能を高めていくことが大切です。

 

肌の内部から保湿機能を高めてくれるセラミドを増やしていく方法が良いでしょう。

 

セラミドを増やしていくには、セラミドが多く含まれているスキンケア商品を使い、肌の外側から補充していくのが有効です。

 

 

この他にも生活習慣を改善して、肌のターンオーバーを正常な状態に戻していく必要があります。

 

睡眠不足はインナードライの大きな原因となってしまいます。睡眠中に肌など身体の機能は回復していきます。

 

しかし、睡眠不足になるとこの再生機能が上手く行われずに、老化が進んでしまいます。十分な睡眠を心がけ、インナードライを防いでいきたいものです。

 

また、喫煙や過度の飲酒、食生活の乱れやストレスなどが、肌の健康への大きな悪影響を及ぼすことがあります。規則正しい生活習慣や、食生活の改善を行い、肌へのストレスを取り除いていきましょう。

 

そしてセラミドを増やして、十分な保湿能力のある肌に改善をして、潤いのある肌を保っていきたいものです。