老けて見えるやっかいなマリオネットライン

この口元のしわ、マリオネットライン?キレイに消す・隠すベストな方法

 

マリオネットラインとは、口角の両側からあごに向かって縦にまっすぐのびるしわのことを言い、ちょうどほうれい線の内側にできて漢字の「介」のようになります。

 

まるで糸を使って操る、あの口がパカパカ動く人形(マリオネット)のように見えることからそのように呼ばれています。

 

このマリオネットラインは40代頃から目立ってくることが多く、加齢に伴って溝のように深くなっていき、顔を老けた印象に見せてしまう効果があります。

 

マリオネットラインはなぜできてしまうのか

では、マリオネットラインはなぜできてしまうのでしょうか。その原因には以下のことが考えられます。

 

肌の潤いの不足

人の肌は、加齢に伴って角質層が衰えて水分を蓄えることができなくなってきます。

 

すると、潤いが不足し、肌にハリがなくなってしまいます。肌のハリがなくなると頬の皮下脂肪が下垂してマリオネットラインができてしまうのです。

 

顔の筋肉の衰えや硬化

マリオネットラインの原因は普段何気なく行っている行動や癖の中にもあります。例えば以下のようなものがありますね。

 

  • あまり笑わないなど表情が乏しい
  • 口数が少ない
  • 歯の噛み合わせが悪い
  • 食べ物をあまり噛まない
  • 猫背
  • 口を強く閉じる

 

などの行動に心当たりはないでしょうか。これらの行動は、頬の周りにある「口角下制筋」や「広頚筋」のたるみや硬化に繋がってしまいます。

 

また、加齢によっても同様にこれらの筋肉の衰えが見られます。衰えた筋肉は皮膚の重みを支えることができなくなり、たるみができてマリオネットラインができてしまうのです。

 

マリオネットラインを消すのに有効な成分は

水分たっぷりのイメージ

 

マリオネットラインの原因の一つに潤い不足とありましたが、マリオネットラインを消すためには、まずは保湿を行うことが大切です。

 

しっかりと化粧水などで水分を補い、肌のハリを取り戻させましょう。それでは、マリオネットラインの解消のために特におすすめの成分をご紹介します。

 

コラーゲン

コラーゲンは人間の皮膚に存在する成分で、肌にハリや弾力を与えるという働きがあります。このコラーゲンの量は40歳をピークに年齢に伴って減少してしまいます。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸も元々人間の体に存在する成分で、非常に優れた保水力を持っています。なんと、ヒアルロン酸は自身の6000倍もの水を蓄えることができます。体内のヒアルロン酸は、30代から急激に減少してしまいます。

 

セラミド

セラミドは、肌の角質層の細胞と細胞の間で水分と油分を維持し、肌に潤いを与えてくれる物質です。このセラミドも年齢や環境の変化に伴い量が減少してしまいます。

 

エラスチン

エラスチンは、コラーゲンをつなぎとめるように支えて肌に柔軟性や弾力を与えるはたらきがあります。エラスチンは20代後半以降どんどん減少していきます。

 

以上の成分はどれも元々肌に含まれていたものですが、年齢に伴って減少してしまうものなので、化粧水などで積極的に補うようにしましょう。

 

マリオネットラインに効果的な顔ヨガとは

 

マリオネットラインの原因のもう一つは筋肉の衰えでした。それでは、どのようにすれば顔の筋肉を鍛えることができるでしょうか。

 

それには、最近話題の「顔ヨガ」がおすすめです。ここでは、マリオネットラインの解消に効果的な顔ヨガの方法を2つご紹介します。

 

マリオネットライン解消のための顔ヨガ@

  1. 唇をきゅっとすぼめ、前に突き出して5秒間キープする。
  2. そのままの形で唇を左に移動させて5秒間キープする。
  3. 同様に次は右に移動させて5秒間キープする。
  4. 最初のように唇をぐーっと前に突き出して5秒間キープする。
  5. 以上を何度か繰り返す。

 

マリオネットライン解消のための顔ヨガA

  1. 口を大きく縦に開いて「お」と発声しながら、鼻の下を伸ばして10秒間キープする。
  2. その状態から顔は動かさずに目線だけ天井に向けて10秒間キープする。このとき、額にしわができないように注意する。
  3. 表情を戻す。
  4. 目を大きく見開く。
  5. 口角を上げてにっこりと笑う。このとき、前歯が見えるようにする。
  6. その状態から下唇を前に突き出して10秒間キープする。
  7. 以上を2回繰り返す。

 

顔ヨガについては、世界で初めて顔ヨガを提唱した高津文美子氏の「顔ヨガ協会インターナショナル」という団体も発足しています。

 

 

マリオネットラインを目立たせないメイクのコツは

メイクする女性

 

以上のように、保湿と顔ヨガでマリオネットラインを解消する方法を見てきましたが、ここからは今すぐにマリオネットラインを隠したい!という場合のメイクのコツをご紹介します。

 

メイクの前に

まずは、メイクを行う前のスキンケアをしっかりと行う必要があります。このとき、マッサージも行うと更にリフトアップ効果が期待できるでしょう。

 

ベースメイクのコツ

ベースメイクを行う際は、しわを隠そうと厚塗りをしてしまいがちですが、それでは化粧崩れがしやすくなってしまい逆効果です。

 

マリオネットラインの部分はなるべく少量のファンデーションを塗るようにしましょう。また、ファンデーションはカバー力が高くツヤ感もあるリキッドタイプかクリームタイプがおすすめです。

 

チークカラーとシェーディングのコツ

シェーディングやチークカラーはリフトアップメイクに効果的なのでぜひ利用してみてください。

 

まず、口を「う」の形にすぼめ、そのとき凹んだ部分にシェーディングカラーを入れます。そして、その上部にチークカラーを入れます。

 

このとき、目尻と口角を結んだ線より内側にはチークカラーが入らないように注意しましょう。

 

まとめ

マリオネットラインについて、いかがでしたでしょうか。やはり防ぐには基本となる保湿がベースにあって、顔ヨガなど効果的かつ自分にあった方法を取り入れるのが有効な対策。

 

隠すにも安易な厚塗りは化粧崩れの原因になるので、できるだけカバー力の高めなファンデーションやリキッドを少量使うのがポイントですね。